地旅ツアー

新潟県|燕市
優秀賞

燕市産業観光

日本の先端技術と伝統工芸、旨さも揃って三拍子!

日程:日帰り
目的:郷土料理,その他


ノーベル賞晩餐会で使われるカトラリーやi-Pod の鏡面ステンレス加工を一手に担う燕の先端技術とそれらに継がれてきた
伝統工芸に触れる旅。わずか一日で見所満載です。試食で使用したシルバーメッキスプーンとステンレススプーンはお土産として
お持ち帰りいただけます。現地ガイド同行のツアーです。

主な観光ポイント

燕市産業史料館の名物学芸員斉藤さんの案内で燕市の産業の歴史をたどります。
ミニスプーン作り体験は子供達にも大人気!
今や入手困難!1つ16,800円(Lサイズ)するのに予約してから2年待ちとも言われる、幻のステンレスビアマグカップ(画像左)製作の様子を目の前で見学!ビール(又はノンアルコールビール)の試飲が出来るかも
極太麺、たっぷりの背脂、煮干しの効いた醤油味、新潟を代表するご当地ラーメン「燕系ラーメン」を召し上がっていただきます。
燕を代表する洋食器ブランド”Lucky Wood”を作っている小林工業社長に熱く語っていただいた後は、シルバーメッキとステンレスメッキのスプーンでアイスクリームを食べ比べ。「舌触りが全然違う!」と驚きの声が次々と上がる。
このツアーの一番の見所はなんといっても「熟練工の技」に尽きます。こちらは親子二人で手作りの鎚起銅器の島倉堂。
ツアー最後のお楽しみはハウスウェア、キッチンウェアのファクトリー・アウトレットショップでのショッピング。あれもこれもとまとめ買い必死かも!?(販売商品は予告なく変更されます)

行程表

1日目 【9:20〜10:50】燕市産業史料館(学芸員解説案内)
【11:00〜11:40】“磨き屋シンジケート”参加企業工場見学
【11:50〜12:40】 「勇」昼食 ※燕ご当地ラーメン
【12:50〜14:20】小林工業(工場及びショールーム見学)※アイスクリーム試食による、スプーン製品の比較体験 
【14:30〜15:00】島倉堂
【15:10〜15:40】ストックバスターズ(アウトレット製品のお買いもの)
【16:00】JR燕三条駅着・解散
催行人数 20名(最少催行人員:15名)
登録日 2010/04/01
企画 新潟県知事登録旅行業 第2-0327号
愛宕商事(株)
〒951-8065 新潟市中央区東堀通一番町494-3 2階
TEL:025-228-4888 FAX:025-228-4885
担当:田中湖雄・谷口みのり
旅行業取扱管理者:

前のページへもどる