地旅ツアー 地旅エントリー商品

愛知県|犬山市

〜郷土愛深い『語り部』がご案内〜 町家で食す郷土料理と華麗な犬山祭夜車山

三百七十有余年、戦火からも奇跡的に逃れ連錦と続く祭。他には類を見ない13輌の車山(やま)全てで繰り広げられる「奉納人形からくり」見学と、趣きある城下町の町家にて犬山の郷土料理を食す旅。

日程:日帰り
目的:郷土料理,伝統芸能,祭り


犬山は、国宝犬山城を中心にミシュランより7つの星を獲得しております(犬山城2つ、犬山城下2つ、茶室如庵1つ、有楽苑1つ、明治村1つ)。また、昭和初期には当時の鉄道省の日本八景選定キャンペーンで、犬山城周辺の木曽川中流域(現在の飛騨木曽川国定公園)が日本八景に選定されました。また、中部はもとより日本の近代文明の足がかりともなった木曽川水系のダム建設により、福沢桃介とともに電気を送電するという大掛かりなプロジェクトを手がけた日本が生み出した女優第一号マダム貞奴こと川上貞奴が、終の栖の別荘をこの地(犬山市対岸の岐阜県各務原市)に造ったことは、意外と近くに住んでいる方々も御存じありません。


犬山城は、時代の数奇な運命で織田家、豊臣家、徳川家と、戦国の世を治める名だたる戦国武将が入城するものの、徳川家康の付家老、初代犬山城主成瀬正成により城下町が築かれ、二代犬山城主成瀬正虎により針綱神社、犬山祭がつくられました。明治4年の廃藩置県で、全国の城は例外なく殆んどが国や県(犬山の場合一度は国の所有になり、天守以外のほとんどの建物が取り壊されてしまった後で再び県の所有となる)に所有者が変わりますが、明治24年当エリアにマグニチュード8.4の猛烈な「濃尾大地震」が発生、犬山城も天守が崩壊するという大きな被害に見舞われたが、当時の名護屋県議会では財政的な理由から修理か解体かの議論が交わされ、そんな中成瀬家が保存を強く望んだことから、私財で修理をするという条件で再び成瀬家へ城・天守閣を譲渡されることとなりました。以降、つい数年前まで個人所有の城という類稀な運命をたどります。
第二次世界大戦中、幸いにも犬山城近郊には主要な軍需工場がなく、戦火から犬山城はじめ城下、また犬山城祭に欠かす事のできない車山(やま)と、また中部のものづくりの原点とも言うべき13輌の車山(やま)全てにほどこされているからくり人形・・・これらが現在まで残っていること。そして、昭和40年〜50年の日本高度経済成長期の荒波からも外れ、道路が拡張されず江戸時代からの道幅を風情を保ちながら現存し続けていることは、まさに奇跡に近いと考えます。

主な観光ポイント

【犬山祭/車山練り歩き】
犬山祭の主役は13輌の車山(やま)で、いずれも三層からなる豪華なものです。すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは全国でも唯一のものです。
からくり奉納後、方向転換する際に、高さ8メートル、重さ3トン超のこの車山を、屈強な町衆が持ち上げる車切り『どんでん』は、まさに「動」の大迫力です。
各町の車山(やま)が咲き誇る桜の中、犬山城下の町を練り歩きます。
【犬山祭/からくり奉納】
針綱神社に人形からくりを奉納。各々の町内の車山(やま)には「車山名」と、上山に供えるからくりは「からくり名」があり、各物語になっています。各からくりは、「変身技」「飛び技」「回転技」「逆立ち技」などなど、からくり披露は“ものづくり”に携わるプレゼンテーションの場でした。先人たちの技術の高さ、まさに「静」の心意気をご堪能いただけます。
【針綱神社】
二代目犬山城主成瀬正虎により犬山祭ともに建立された針綱神社。五穀豊穣・無病息災を願い、この針綱神社にからくり奉納をします。
【犬山祭/宵山集結】
夜には365個の蝋燭の炎で提灯を一斉に灯して巡行する絢爛さは「日暮れてからが晴れ舞台」の言葉にふさわしく、幻想的なムードが漂います。
13輌全てが犬山城前広場へ集結しますと、まるで江戸時代にタイムスリップしたような錯覚さえ覚えます。
【犬山城/別名 白帝城】
李白の代表的な漢詩
「朝(あした)に辞(じ)す 白帝彩雲の間(かん) 千里の江陵(こうりょう) 一日にして還(かへ)る 両岸の猿声(えんせい)啼き往(や)まざるに 軽舟(けいしゅう)己(すぐ)に過(す)ぐ 万重(ばんちょう)の山」
これを聴いた江戸時代の儒学者荻生徂徠(おぎゅうそらい)が、「城に三国志ゆかりの長江川岸の借景を含めて白帝城に似ている」との事から、別名白帝城と呼ばれるようになりました。
【飛騨木曽川国定公園内の河畔にて座学】
内容は資料をもとに「犬山祭」「日本八景」「犬山八景」「犬山焼」「別名白帝城の由来」「徳川家と成瀬家」「名古屋の奥座敷」「犬山舞妓」など

行程表

1日目 【14:00】名鉄犬山遊園駅ご集合
【14:05〜14:45】木曽川河畔を、語り部により資料や写真などを用いて座学にて
           犬山についてのご案内<ポイント6>
【14:45〜16:00】針綱神社前にて各車山で繰り広げられる「人形からくり奉納」見学
           <ポイント2>
【16:00〜17:00】城下町に佇む町家の2階にて『茶運び人形』実演やスライド映像やDVDなどを用い、祭りやからくり人形についての座学
【17:00〜】犬山ならではの素材(自然薯、鮎、守口漬けなど)を用いた郷土料理のご夕食を町家にて
【〜20:30】陰翳を楽しみながら町家の格子戸越しから、また城下町へ繰り出し華麗なる夜車山と車切り(どんでん)を見学
                                                   解散
実施期間 2013/04/06 〜 2013/04/06( 春(4月第1土曜日) )
販売期間 2013/01/01 〜 2013/04/06
催行人数 40名(最少催行人員:20名)
特記事項
販売価格 5,500 円 〜 5,500 円
詳細
備考
登録日 2013/04/06
企画 愛知県知事登録旅行業 第2-0929号
(株)ツアー・ステーション
〒480-0103 丹羽郡扶桑町大字柏森字西前282-1
TEL:0587-93-1128 FAX:0587-93-3491
担当:加藤 広明
旅行業取扱管理者:加藤 広明

お問合せフォーム

お問合せは、こちらに必要事項をご入力のうえ「確認する」ボタンを押してください。
旅行会社よりご連絡いたします。

* は必須項目
*お名前
例:全旅 太郎(全角50文字以内)
*ふりがな
例:ぜんりょ たろう(全角50文字以内)
*ご連絡可能な
 電話番号

例:03-1234-5678(半角数字20文字以内)
*メールアドレス
例:aaa@ccc.co.jp(半角英数字256文字以内)
*確認用
 メールアドレス

例:aaa@ccc.co.jp(半角英数字256文字以内)
ご利用予定人数 大人 名  小人
ご利用予定日 から
例:2012/07/26(半角数字)
*郵便番号
例:123-0456(半角数字8文字以内)
*住所
例:東京都千代田区丸の内1-1-1(全半角文字50文字以内)
備考
ご質問やご連絡事項などがありましたらご記入下さい(全半角文字500文字以内)

個人情報の利用目的

前のページへもどる